知られていないリフォームの費用

見積もりの落とし穴

訳もわからず高額に

リフォーム業者を選ぶとき、施主さんに必ずやってほしいことがあります。
それは見積もりを3社は取るということです。
なかなか面倒な作業になりますが、業者選びで1番重要なのは見積もりです。

リフォーム業者は現地調査が終えた後見積書を提出します。
この見積書に書いてある項目が、言葉は違うけど同じ項目になっている場合があります。
これはリフォームの工事項目を不透明にすることで起こってしまっている、業者の心無い仕業です。
ですので見積書がしっかりと分かりやすく書いてくれる業者を選びましょう。
全てが騙そうとしている業者ではありませんが、実際にこのようなトラブルになった例がたくさんありますので、見積もりは注意して見るようにしましょう。

相見積もりを取りましょう

見積もりを数社取ってほしい理由は他にもあります。
業者が現地調査に来たときに、しっかりと見ているかどうかも見てください。
業者によっては現地調査を適当に済ませてしまうこともありますので、しっかりと見た上で見積もりを書いているかどうかをチェックしてください。

相見積もりを取る理由は価格競争をさせたいためではありませんので、見積もりの金額だけで業者を決めないようにしましょう。
価格を抑えられたとしても、適当な見積もりだったら納得のいくリフォームができませんので、見積もりの詳細を重視して業者を決めると良いでしょう。

このように費用の抑え方としては、業者にしっかりした見積書を書かせることも重要だということです。